4500円も得!?タリーズカードがいかに有能か説明してみた

タリーズカード

こんにちは!元タリーズ店員です。突然ですが、タリーズカードって知っていますか?タリーズだけで使えるプリペイドカードのことで、会計をスムーズに行うことができるんです。しかしタリーズカードのすごいとこはそれだけじゃありません。今日はあなたにタリーズをもっとお得に楽しんでもらえるよう、タリーズカードを始めとする様々なタリーズのお得な利用方法を書いていきたいと思います。

タリーズカードのメリット

タリーズカード

タリーズカードは発行手数料が無料、会計がスムーズになるといった多くのメリットが存在しますが、特に大きなメリットは以下の3つです。

  • 全ドリンクが10円引き
  • クレジットカードでチャージするとポイントが貯まる
  • 3000円チャージでドリンク無料券がもらえる(シーズン限定)

1つずつ見ていきましょう。

全ドリンクが10円引き

これがタリーズカードを作る1番のメリットだと思います。ドリンクの種類、サイズに関係なく会計時にタリーズカードを渡すだけで、全ドリンクが1杯につき10円引きになります。2杯頼めば20円引きです。ほとんどのカフェは消費税が5%から8%へと変わった時、全品を値上げしました。タリーズもそうです。しかしこのタリーズカードを用いることによって、消費税5%のときとほぼ同じ値段で購入することができるんです。けっこうすごいですよね?

クレジットカードでチャージするとポイントが貯まる

元々タリーズは10円引きをする代わりに、他のカフェでは行われているポイント制を導入していませんでした。しかし2015年の6月からタリーズカードにクレジットカードからチャージすることが可能になり、その際にクレジットカードにポイントを貯めることができるようになりました。以前まではタリーズカードに現金でしかチャージできなかったんですね。

タリーズのホームページで「CLUB TULLY’S」に会員登録(無料)し、自分のタリーズカードをMYページに登録することによってクレジットカードからのチャージが可能になります。チャージできるクレジットカードはVISA、MasteCardのみなので注意してください。

そして中でも三井住友VISAクラシックカードでチャージすると、1000円チャージにつき1ポイントがクレジットカードに貯まります。

そして200ポイント貯まると800円分としてタリーズカードにチャージできるんです。しかし、これは20万円チャージしてようやく800円と捉えることもできるので、あまりタリーズを利用しない人にとっては大きなメリットではありません(笑)。

またクレジットカードからのチャージ方法としては、好きなときにチャージする方法と、タリーズカードの残高が不足していたら自動でチャージしてくれるオートチャージの2つの方法があるので、自分に合った方法でチャージしましょう。

3000円チャージでドリンク無料券がもらえる(シーズン限定)

タリーズでは年に2,3回ほど、タリーズカードに3000円チャージする毎にドリンク無料券が1枚もらえるキャンペーンを実施しています。6000円チャージすれば2枚もらえます。この無料券を使えば全ドリンクのSサイズが無料となり、差額を支払えばサイズアップも可能です。ただこのキャンペーンでもらえる無料券には半年間ほどの有効期限があるので注意しておきましょう。

タリーズカードのデメリット

タリーズカード

タリーズカードはメリットばかりなのですが、デメリットを強いてあげるとすれば次の2つになります。

  •  2年間の有効期限がある
  •  紛失した場合、残高は返金されない

2年間の有効期限がある

タリーズカードには2年間の有効期限が存在します。しかしこの有効期限は発行してから2年間という意味ではなく、最終利用(チャージ、購入)から2年間という意味です。ですからタリーズカードの最終利用後、2年間タリーズカードを使用しないとカードの残高は無効となってしまいます。

またクレジットカードによるオートチャージをしていた人は、紛失した場合は即座にMyページにてオートチャージの停止をお勧めします。

紛失した場合、残高は返金されない

Suicaなどの交通プリペードカードは紛失してもカード残金を返金してもらうことは可能ですが、タリーズカードは返金されません。チャージしたタリーズカードは絶対に無くさないようにしましょう。

またタリーズカードに傷がついて読み込めなくなってしまった場合は、カード裏面に記載されているカード番号を店員に伝えることによって、そのカードの残高を新しいタリーズカードに移すことができます。

タリーズカードと他カフェのカードとの比較

タリーズカード

タリーズ以外でもスターバックスやドトール、上島珈琲にも専用のプリペイドカードは存在します。それぞれのカードを様々な観点から比較してみましょう。

スタバ タリーズ ドトール 上島珈琲
名称 スターバックスカード タリーズカード バリューカード プレシャスカード
購入金額 無料(1000円から入金) 無料(1000円から入金) 300円(300P還元) 無料(1000円から入金)
オートチャージ あり あり なし なし
ポイント なし なし あり あり
二重(チャージと購入時)ポイント還元 なし なし あり あり
特徴 5000円チャージでドリンク1杯無料。 ドリンク1杯10円引き。3000円チャージでドリンク1杯無料。 Tポイントをバリューカードにチャージできる。 他のすべてのUCC系列店で使用可。

購入金額

カードの購入について。ドトール以外のすべてのカフェは、1000円以上チャージすることによって無料で作れます。ドトールは発行手数料の300円を支払うことになりますが、10ポイント=10円のポイントが300ポイント貯まるので、実質無料となります。

また、購入方法としては、すべてのカードが店頭申込となります。例えばタリーズなら、店頭で「タリーズカード作りたいんですけど…」と言えば、1000円からの入金で簡単に作れます。デザインも豊富で、自分で選ぶことができます。

オートチャージ

すべてのプレペイドカードはクレジットカードによるチャージは可能なのですが、オートチャージに対応しているのはスタバとタリーズだけです。

ポイント還元

カードにポイントが付くのはドトールと上島珈琲のカードだけです。両者とも二重にポイントが付きます。チャージをした時と実際にカードを用いてドリンクを購入した時の2つの場合で額に応じたポイントが付くということです。詳細を以下の表にまとめました。

バリューカード(ドトール) プレシャスカード(上島珈琲)
ポイントの価値 10ポイント= 10円 1ポイント= 1円
チャージ 2000円以上のチャージに限りポイント還元。
会員ランクによって還元率変化。
年間カード利用額2万円未満:チャージ額の5%
年間カード利用額2万円以上:チャージ額の7%
年間カード利用額5万円以上:チャージ額の10%
チャージ額によって還元率変化。
1000円チャージ:チャージ額の2%
2000円チャージ:チャージ額の3%
3000円以上チャージ:チャージ額の5%
購入 支払い100円につき1ポイント還元 支払い金額の5%ポイント還元

ドトールよりも上島珈琲の方がポイントが詳細に付き、利用できます。

ドトールは会員ランクによってチャージのポイント還元率が変わるのが面白いですね。その年の利用額に応じて翌年からポイント還元率が変わります。最初は5%スタートです。最高ランクである10%還元のカード(ブラックカード)は、ヤフオクなどで定期的に出品されているので、欲しい人はそちらから購入するのがいいかもしれません。

上島珈琲の方がドトールよりもチャージ額のポイント還元率が低い分、購入時のポイント還元率はドトール(1%)よりも上島珈琲(5%)の方が高くなっています。

特徴

タリーズとスタバは、年に2,3回ほど一定のチャージ額ごと(スタバ:5000円,タリーズ:3000円)にドリンク無料券1枚を配布しています。そしてタリーズは更にドリンク1杯につき10円の値引きがありますよね。

またドトールは、Yahoo!JAPANカードのVISA,MasterCardでバリューカードにチャージすることによって、100円につき1Tポイントが貯まります。そして10Tポイントを10円分としてバリューカードにチャージできるんです。

スタバやタリーズも、チャージによって貯まったクレジットカードのポイントをスターバックスカード、タリーズカードにチャージできます。しかし先ほど書いたように、タリーズは三井住友VISAクラシックカードで20万円チャージして、ようやく800円分還元(0.4%)です。

スタバはJCBオリジナルシリーズでチャージした場合、還元率は2.5%と高いのですが、スタバカードへのチャージが10万円を超えてから2500円分がスタバカードにチャージ可能となります。

どちらもカードにポイントがチャージされるまでのハードルが高いんです。

それに対しバリューカードは還元率は1%とスタバより低いですが、10Tポイントからチャージ可能なので、ハードルが低いのは好感が持てます。

比較してわかるタリーズカードのすごいところ

4つのカードを比較してきましたが、結局どれがいいの?ってなりますよね。

スタバはドリンク無料券のキャンペーン、タリーズはそれに加えドリンク1杯10円引き、ドトールや上島珈琲は二重ポイント還元とそれぞれのカードの長所はあります。

ここでどのカードが1番お得なのか計算してみましょう。計算方法を以下に書きますが、めんどくさい人は下のグラフだけ見てくれれば大丈夫です。

次の4つのことを前提として計算します。

  • スタバとタリーズのドリンクSサイズの値段は400円とする。
  • ドトールのチャージはYahoo!JAPANカードのVISA,MasterCardで行う。
  • チャージした金額はすべて実際の購入で使い切る。
  • クレジットに貯まったポイントはすべてチャージする。

例えば15000円をそれぞれ4つのカードにチャージしたとき、計算結果は以下のようになります。

スタバ(ドリンク無料券キャンペーン実施中):

  • ドリンク無料券3枚より、400円×3=1200円相当の金額がお得。
  • スタバのドリンク(Short,Tallのみ)の平均価格を500円とすると、1200円/500円=2.4杯分得。

タリーズ(ドリンク無料券キャンペーン実施中):

  • ドリンク無料券5枚より、400円×5=2000円相当の金額がお得。
  • 15000円をすべて使い切るので、1杯500円として、15000/500=30杯購入する。
  • ドリンク1杯につき10円引きなので、30×10=300円お得。
  • 合計1500円+300円=1800円相当の金額がお得。
  • タリーズのドリンク(Short,Tallのみ)の平均価格を500円とすると、1800円/500円=3.6杯分得。

ドトール(最高ランクの場合):

  • チャージ額の10%がポイント還元されるので、1500ポイント=1500円分が貯まる。
  • 支払い100円につき1ポイントが還元されるので、15000円をすべて使い切ると150ポイント=150円分が貯まる。
  • Yahoo!JAPANカードからの15000円チャージにより、150Tポイント=150円分が貯まる。
  • 合計1500円+150円+150円=1800円相当の金額がお得。
  • ドトールのドリンク(S,Mのみ)の平均価格を350円とすると、1800円/350円=5.2杯分得。

上島珈琲:

  • チャージ額の5%がポイント還元されるので、750ポイント=750円分が貯まる。
  • 支払い金額の5%がポイント還元されるので、15000円をすべて使い切ると750ポイント=750円分が貯まる。
  • 合計750円+750円=1500円(3.3杯分)相当の金額がお得。
  • 上島珈琲のドリンク(S,Mのみ)の平均価格を450円とすると、1500円/450円=3.3杯分得。

このような計算方法で、チャージ額ごとに得する金額を求めたグラフが以下になります。チャージ額の範囲はタリーズカードにチャージできる最大額、2万円までにしました。また実際には階段状になるグラフもあるのですが、そこは簡略化したのでご了承ください。

タリーズカードの分析

スタバとタリーズの「実施中」というのは、年に2,3回行われるドリンク無料券がもらえるキャンペーン実施中にチャージを行うことを表しています。またドトールは会員ランクごとに得する金額を求めてあります。

見てみると、キャンペーン実施中にチャージを行った場合、タリーズカードが1番得する結果となっています。2万円のチャージで3000円以上の得です。次にドトールのランクが1番高いバリューカードとなります。

タリーズカードのすごさがわかりますでしょうか?

キャンペーンを行っているときにチャージを行えば、タリーズカードは他のカードと大きく差を付けた金額を得することができます。しかし逆にキャンペーンを実施していないときにチャージを行った場合は、ドトール、上島珈琲に大きく差を付けられてしまいます。

しかしいくら得したと言っても、実際はその得した金額の使い道はドリンク購入のみに限られます。得した金額はポイントやチャージ金額という形でカードに入っており、現金化はできませんからね。

また、そもそもドトールよりもドリンク価格が高いタリーズの方が得する金額が大きくなるのは当然と考える方もいると思います。そこで今度はいくら得したかではなく、その店のドリンク何杯分を得したのかというグラフを以下に示します。計算方法は上に書いた通りです。

タリーズカードの分析

これを見ると、やはり最高ランクのバリューカードのすごさがわかります。ドトールには僅差で負けていますが、それでもタリーズカードのすごさも健在ですよね。

またスタバカードの威力は4つのカードの中でも1番弱いことがわかります。上島珈琲はスタバ以上、ドトールの中級ランク以下というポジションとなっています。

まとめると、得する金額という面では、キャンペーン中にチャージを行った場合のタリーズカードがダントツで得をします。

その店の何杯分を得するのかという面では、キャンペーン中にチャージを行った場合のタリーズカードと、年間5万円をドトールで利用する最高ランクのバリューカードが2トップを張っており、僅差で後者のバリューカードが得をするという結果となりました。

タリーズカードのサービスにはドトールの最高ランクのバリューカードでしか追いつけないと考えると、4つのカードの中でも1番簡単に得することができるのはタリーズカードではないでしょうか。しかもバリューカードのように、無理にクレジットカードでチャージしてポイントを貯める必要もありません。

しかしキャンペーン中にチャージすることが大前提になります。よってこの先20000円はタリーズで使うという自信がある人は、キャンペーン実施中に20000円を一気にチャージすることが1番得するタリーズカードの使い方となります。

今使っているタリーズカードに残高が残っている人は、新しいタリーズカードを作ってそれに上限の20000円をチャージするのが良いと思います。ぜひお試しください。

更にお得にタリーズを楽しむ方法

タリーズカード

タリーズカード以外でも、タリーズをお得に楽しめる方法はたくさん存在します。

  • タンブラーを利用
  • コーヒーのおかわり
  • 無料でホイップ、ソース多め
  • 氷なしでShortがTallの量に
  • アイスを安く買える方法

タンブラーを利用

これは多くの人がご存知かと思いますが、自分のタンブラーを持っていくとドリンク1杯につき30円引きになります。ぶっちゃけタリーズカードの10円引きより全然大きいです(笑)。タンブラーは、タリーズのドリンクが入る容量であれば何でも構いません。タリーズにスタバのタンブラーを持ってくる人も多くいました(笑)。タンブラーの持ち運びが面倒でない人はぜひやってみてください。

もちろんタリーズカードとの併用も可能で、合計1杯40円引きです。タリーズのほとんどのドリンクはShortサイズとTallサイズの差額が50円なので、タンブラーとタリーズカードの併用によってTallサイズをShortサイズとほぼ同じ値段で買えます。

また、スタバでもこのサービスはやっていて、スタバの場合はドリンク1杯につき20円引きとなります。

参考程度に、タリーズカード、スタバカードにタンブラーも併用した場合の先ほどのグラフはこうなります。

タンブラーとタリーズカード

キャンペーン実施中のタリーズカードが更に差をつけました。2万円チャージで約4500円の得はヤバいですね。スタバは最高ランクのバリューカードと全く同じグラフになり、重なってしまい見えません(笑)。しかしスタバも追い上げましたね。

タンブラーとタリーズカード

タンブラーをキャンペーン中のタリーズカードと併用することによって、最高ランクのバリューカードを抜くことができました。しかも1杯以上の差を付けて。またスタバも上島珈琲と同レベルに並ぶことができました。タンブラーをカードと併用することがいかに得かがわかりますね。

コーヒーのおかわり

タリーズで「本日のコーヒー」を購入し、そのレシートをその日中に店員に見せることによって、「本日のコーヒー」のShortサイズを本来は300円のところ、150円で購入できます。「本日のコーヒー」をおかわりしたいという人は、レシートをちゃんと保管しておきましょう。

無料でホイップ、ソース多め

これもご存知の方は多いと思います。ホイップが元々乗っているドリンクは無料でホイップの増量ができます。また、元々そのソースが乗っているドリンクも、無料でソース増量ができます。例えば、カフェモカやココアラテは最初からチョコースが乗っているのでチョコソースの増量が無料です。

ホイップが乗っていないドリンクにホイップを追加する場合や、違う種類のソースをかけたい場合は、+50円かかります。

しかし、ハチミツやキャラメルナッツソースはどのドリンクにかけても無料なのでぜひ利用しましょう。僕はよくアイスカフェラテにキャラメルナッツソースをかけて、アイスキャラメルラテみたいにしてます。

氷なしでShortがTallの量に

これは以外と知られていないのですが、アイスドリンクで「氷なし」とお願いをすると、Shortサイズの値段でほぼTallサイズと同じ量のドリンクを飲めます(笑)。飲食店でバイトをしたことがある人ならわかると思いますが、氷の量ってけっこう多いんですよね。

タリーズではその氷の分、ドリンクを入れてもらえるのでぜひやってみてください。

アイスを安く買える方法

これはあまりフォーマルなやり方ではなく、ちょっとセコイです(笑)。タリーズは他のカフェと違ってアイスが売ってます。しかもこのアイス、食べたことある人ならわかると思いますがめちゃくちゃうまいですよね。個人的にハーゲンダッツより好きです。でもこのアイスけっこう高いんです。シングルでも250円するんです。そこでなんとかこのアイスを130円で購入するやり方を紹介したいと思います。

まず最初に、アイスと一緒にドリンクを購入することを前提とさせてください。普通にドリンクとアイスを注文すると、代金は「ドリンク代+250円(アイスシングル代)」となります。

しかし、注文のときにドリンクとそれにトッピングで自分の食べたいアイスを注文します。そうすると、アイストッピングは+130円の扱いなので、代金は「ドリンク代+130円」となります。しかしトッピングなのでアイスはドリンクの上に乗ってきます。ここで「トッピングのアイスは別カップにお願いします。」と言えば、アイスは隔離されて出てきます。

結果として「ドリンクとアイス」を頼めます。実質アイス代は130円で。タリーズアイスのヘビーユーザーで、もしこの方法を知らない人がいましたらぜひお試しください(笑)。

まとめ

いかがだったでしょうか?結論としては、タリーズカードはキャンペーン中にチャージを行えば、他のカフェのプリペイドカードよりも簡単でお得!タリーズユーザーなら使わない手はない!ということです(笑)。更にタンブラー併用なら更にお得です。タリーズカードだけでなく、今回の記事で紹介した他の3つのカードもお得です。皆さんもぜひ作ってみてはいかがでしょうか