夜の世界へ!キャバクラボーイの仕事内容教えます。

キャバクラボーイのバイト

こんにちは。キャバクラのボーイって知っていますか?所謂、黒服ってやつです。今日は大学生でボーイのバイトをしていた僕が、ボーイの具体的な仕事内容について書いていこうと思います。

ボーイのバイトというと、ブラックとか給料が良いなどの様々な評判を聞きますが、それはお店によって違います。もっと言うと、キャバクラでボーイをやるのか、高級クラブでボーイをやるのかで変わってきます。楽なとこは楽です。(笑)。そのことに関しては、キャバクラと高級クラブ、ボーイで楽に稼げるのはどっち?で詳しく書いてあるので、興味がある方は読んでみてください。

では、夜の世界へGO!!

ボーイバイトの1日の流れ

キャバクラボーイのバイト内容

僕がボーイのバイトをしていたのはキャバクラではなく銀座の高級クラブでしたが、ボーイの仕事内容に関しては両者にあまり違いはないので、キャバクラで働きたい人も安心して見てください。

僕のお店のボーイの勤務時間は18時~24時で固定でした。お店は1時まで運営しているのですが、終電がなくなってしまうのでボーイは24時には帰れます。あまりにも忙しくて24時に帰れないときは家までの無料タクシー券をくれました(笑)。

18時~20時 営業準備

営業準備でする仕事はこの3つです。

  • 掃除
  • 名刺コピー
  • キャバ嬢の出勤状況チェック

掃除


僕のお店は20時に開店だったので、それまでに営業準備をします。18時に出勤して最初にすることは店内の掃除です。店全体に掃除機をかけ、トイレ掃除もします。トイレ掃除は大体ゴミ箱にキャバ嬢たちの生理用品が捨てられているので萎えます。掃除をしてテーブルのセッティングをしたら、次は名刺コピーの作業をします。


名刺コピー


名刺のコピーは高級クラブに多いです。高級クラブは会員制が多いので、同じお客さんが何回も来ることになります。その際にそのお客さんの情報をある程度知っておかないと失礼ですよね。よってキャバ嬢たちがお客さんからもらった名刺を何枚にもコピーして、名刺の形に切り取った厚紙に貼って名刺のコピーを作り、どのキャバ嬢がそのお客さんの相手をしても大丈夫なようにキャバ嬢たちに配ります。この作業はボーイたちで雑談しながらゆっくりやってました。楽です。


キャバ嬢の出勤状況チェック


ボーイの中でも上の立場の人はその日のキャバ嬢の出勤状況を見て、すでに予約されているお客さんには誰を当てるかというキャバ嬢の配置をママと話し合います。またキャバ嬢は19時にシフトインしており、開店までの1時間は全員無言で自分が知っているお客さんに「今日来ませんか?」とメール勧誘をしまくっています。あの風景は結構異常です(笑)。

20時~1時 営業

営業中にボーイがする仕事はこんな感じです。

  •  荷物の預かり
  • ドリンクの作成
  •  アイス(氷)、灰皿等の交換
  • トイレ状況の確認
  • キャバ嬢の配置決定
  • お使い

1つずつ説明していきます。


荷物の預かり


お客さんが来店して最初にすることは、荷物と服のお預かりです。簡単そうですけど、どれが誰のものか覚えておかないと帰りの際にお客さんにスムーズに返せないので何気にムズイです(笑)。


ドリンクの作成


お客さんから荷物を預かったら、今度はアイス(氷)を入れたグラスとそのお客さんがキープしているボトルをお客さんのテーブルに持っていきます。そしてキャバ嬢とお客さんの分のお酒を作ります。ドリンクとしてはウイスキーが多いです。ウイスキーをツーフィンガー(指2本分)入れて、水で薄めます。キャバ嬢のドリンクはもっと薄めないと無言で返されます(笑)。

ドリンク作成は最初だけで、あとはキャバ嬢たちがお客さんのグラスが空きかけていたら作るという形になります。ただしお客さんの人数が多すぎてキャバ嬢たちも話すことだけで精一杯の時は、僕たちが空きかけているグラスを見つけてはお酒を作るということを繰り返します。


アイス(氷)、灰皿等の交換


キャバ嬢たちがドリンクを作るときに必要なアイスも半分くらいまでなくなったら新しいのに交換します。ボーイの世界では物が全てなくなったら交換という考えはなく、お酒も氷も半分までなくなったら即交換という考えなので注意しておいてください。

また灰皿もタバコが1本のったら即交換ですし、お客さんがおつまみの袋やピーナッツの殻を1つでもテーブル上に置いたらすぐに捨てます。このような物の交換、廃棄の作業がボーイの主な仕事内容です。大体は1つの団体に1人のボーイがつき、ひたすら空きかけたグラスとアイス、タバコがのった灰皿、ゴミに目を光らせることになります。


トイレ状況の確認


トイレ状況の確認もボーイの大きな仕事です。キャバ嬢がトイレに行き、誰かが入ってるとなるとそのキャバ嬢と話していたお客さんを余分に待たせることになります。それを防ぐために、キャバ嬢たちは自分がトイレに行きたくなったらお客さんの目を盗んですばやくボーイである僕に2本指を立てます。これは「今トイレに行きたいんだけど誰か入ってる?」というサインで、それを受けた僕はインカムでトイレの近くにいるボーイに「トイレ空いてますか?」と確認し、OKが出たらそのキャバ嬢にOKサインを送り、トイレに通すことになります。

また、これはお客さんである男性にも行います。お客さんがトイレに行きたいと言うと、キャバ嬢がボーイに同じ確認をとります。お客さんがトイレから出てきたら必ずおしぼりを渡すのが僕の店の決まりでした。


キャバ嬢の配置決定


これはボーイの中でも上の立場の人がやることです。新しくお客さんが来る度に、どの子をどのテーブルから引き抜いてそのお客さんに当てるかということを決めます。そのお客さんのお気に入りの子や喋りが上手い子などを考慮して、どのテーブルでも平等にお客さんに満足してもらえるような女の子の配置をママと一緒に考えます。ちょっとかっこよくないですか?ボーイ界のブレインです。


お使い


僕の店は基本的に店内では調理をせず、お客さんが食べたいという物を聞いて夜の銀座へお使いに駆り出されるシステムでした(笑)。漬物が欲しいと聞けばコンビニへ、たこ焼きが欲しいと聞けば「銀座 たこ焼き」でググって銀座のたこ焼き屋へ。パシリだった人は向いてます。でもおつまみとお酒で十分なお客さんは多く、お使いに行くのは3組に1回ぐらいの頻度でしたね。

またタバコをお願いされることはとても多いですが、これはさすがに店内にカートンがあるので解決します。しかしここで大変のは、そのお客さんの吸うタバコの銘柄を覚えておかなきゃならないことです。お客さんも覚えられている前提で「タバコちょうだい」ぐらいしか言わないので、1度接したお客さんのタバコの銘柄は覚えておきましょう。

1時~2時 片付け

24時には退勤をしているので僕はこの片付けはしていませんでしたが、お客さんが全員帰ったらテーブルの掃除、グラスなどの洗い物を行い終わりです。掃除は翌日の18時からボーイがやるのでここではしません。

ボーイバイトのメリット、デメリット

キャバクラボーイのメリット、デメリット

僕が働いていて感じたボーイのバイトのメリット、デメリットを書いていきます。

メリット

メリットはこんな感じです。

  • 給料が高い
  • 社会人との接し方がわかる
  • 高級クラブの場合はお客さんの数が少ない

給料が高い


給料は他のバイトに比べて高いです。高級クラブなら尚更です。大体キャバクラのボーイの時給は1200円前後でそれだけでも十分高いのですが、僕の店は時給1900円だったので最高でした(笑)。6時間勤務で1万円以上稼げますからね。


社会人との接し方がわかる


お客さんは皆社会人です。キャバ嬢だけではなくボーイにも飲もうと言ってくる人もいるので、そのときは一緒にお酒を飲みながら社会人と話せます。特に高級クラブは一流企業の方が多いのでコネもできます。また、空きかけているグラスやタバコがのった灰皿にも敏感になるので、飲みの席のマナーも身につくと思います。


高級クラブの場合はお客さんの数が少ない


これは高級クラブに限りますが、高級クラブは会員制のため1日に来るお客さんはキャバクラほど多くはありません。よって1人で2組以上のお客さんを担当するということはあまりないので、結構ゆとりを持って仕事ができます。

デメリット

デメリットはこんな感じ。

  • ブラックなお店もある
  •  立場が下

ブラックなお店もある


僕のお店は大丈夫でしたが、中には怖い人たちとつながっている店が本当に存在するらしいので、店を選ぶときは注意が必要です。ボーイの友達のコネで始めるのがベストだと思いますが、ボーイの友達がいない場合はよく事前に調べてから働きましょう。


立場が下


仕事内容を見ていただければわかるように、ボーイの立場は最下位です(笑)。キャバ嬢の言いなりになり、お客さんの言いなりになります。金のためと割り切って働ければいいのですが、プライドが高い人はやめておいた方がいいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?仕事内容として、女の子の配置以外は誰でもできるレベルの作業が多いです。僕は今までやってきたバイトの中で、このボーイのバイトが1番楽だし簡単でした。奴隷になればいいだけですからね(笑)。実際にボーイをやってみると「夜の世界」で働いている自分ちょっとかっけーとか思っちゃいます。この記事を読んでもし「ボーイをしたい!」と思ってくれた人がいればぜひこちらのボーイのバイト求人からご応募ください!友達に話しても絶対と言っていいほど食いつかれるので、自分のコンテンツ力を上げたい人、キャバクラのボーイやってみませんか?(笑)